わざとする

わざとする

最近はインターネットのお仕事のやりとりができるサイトからのお仕事gメインになってきています。その際に見積もりを立てて、クライアントさま側に伝えるメッセージをかき込めるランがある訳なのですが、そのらんに私はよく「早期承認をしていただければ、すぐに仕事を始める事が出来ます」といった内容の趣旨の言葉をかき込んだりします。そうする事によって、他の提案者が集まってくる前に決めて頂いて、お仕事を頂いちゃおうという思惑があるからです。クライアントさま側に考える時間をわざと与えないことで私はいろんなお仕事を頂いてきたということもあります。それで片手落ちの仕事しかしないというのであれば、それは問題かもしれませんが、きちっと頼まれた仕事をこなすので問題は無いと思います。しかしながら、一番の問題なのは調子にのってしまって、この手法でどんどんお仕事を入れてしまって、自分自身のキャパを超えてしまうようなことになってしまうことです。
それと、本日は以前、大手企業のショッピングセンターにお送りさせて頂いていたポートフォリオが返却されました。封筒を開けずとも封筒の外側からでも触り心地でファイルが帰ってきた。ということは、そういうことなんだとすぐに分かる感じでした。そうです。お断りです。今回断られた内容は、ポストカードはなかなか売り上げが伸びないということからでした。実際のところの理由は断った部署の本人ではないので分からないのですが、断られた事は事実なので、それを受け入れたいと思います。しかし、まだ、違う角度からのプレゼンの方法は残されてはいるので、そちらの方法でも近々進めて行けたらと思います。その方法であっても断られてしまう確立は高い感じではあるのですが、その方法は本社の許可を得ることが無くても店舗側の判断で商品の仕入れを進めることができるというシステムになります。そんな抜け穴があったのかと改めて思ったりもします。頑張れば道は必ず開ける。